Tool Icon

グレースケールに変換

ドキュメントの要素(注釈、フォームフィールド、グラフィック、画像、テキスト)をグレースケールに変換し、PDFとして保存します

ここにファイルをドロップするか、
デバイスからアップロード
Googleドライブからアップロード
DropBoxからアップロード
Webアドレス(URL)からアップロード
最大ファイルサイズ:256 MB

あなたのファイルは安全です!

私たちはあなたのデータを保護するために最高の暗号化方法を使用しています。

すべてのドキュメントは30分後にサーバーから自動的に削除されます。

必要に応じて、ビンのアイコンをクリックして、処理の直後にファイルを手動で削除できます。

オンラインでグレースケールのドキュメントを変換する方法:

  1. 開始するには、PDFファイルをドロップするか、デバイスまたはクラウドストレージサービスからアップロードします。
  2. グレースケールに変換するドキュメント要素(グラフィック要素、画像、テキスト、フォームフィールド、注釈)を選択し、[グレースケールに変換]ボタンをクリックします。
  3. PDFファイルをコンピューターにダウンロードするか、クラウドストレージサービスに直接保存します。

知ってますか?

グレースケールは光の色合いでできています
グレースケール 画像は黒から白までの色合いで構成されています。含まれる情報は、色ではなく輝度に関連しています。輝度は、オブジェクトから放出された、通過した、または反射した光の量を表します。主観的な明るさ(光の視覚や生理的感覚は個人差があります)とは対照的に、輝度を測定することができます。
アクロマティック(古代ギリシャ語の「色なし/なし」から)としても知られるグレースケールは、たとえば、標準画像から色情報を削除したときに発生します。真の白黒画像には、純粋な黒と純粋な白のみが含まれています。グレースケール画像は、白黒、およびその間のすべてです。
輝度と明るさは、画像の色情報よりも重要です。どうして?色情報を削除しても、画像は引き続き表示されます。ただし、輝度情報を削除すると、何も見えない完全な黒の画像になります。
カラーPDFをグレースケールに変換すると軽量になります
カラー画像は、白黒およびグレースケール画像よりも(サイズ的に)大きくなります。 PDFをグレースケールに変換して、PDFを小さいサイズに圧縮します。多くの画像が含まれていると、さらにうまく機能します。
PDFを軽量化するだけでなく、印刷する必要がある場合はインクを節約できます。
驚いたことに、カラーカートリッジ付きのプリンタを使用している場合は、印刷パラメータを白黒ではなくグレースケールに設定すると、黒のインクカートリッジも節約できます。これは、グレーの色合いが実際には黒インクだけでなく、ごく少量のカラーインクを使用しているためです。
PDFに戻ると、白黒ファイルは常にグレースケールファイルよりも明るくなりますが、細部や透明度が正しくレンダリングされない場合があります。画像やイラストの品質を損なうことなくPDFファイルをできるだけ軽量にしたい場合は、 ハイパーコンプレス を使用するツール MRCテクノロジー。
色をグレースケールに変換する方法はたくさんあります
平均法は、色の平均を取るため、最も簡単です。たとえば、RGB画像(赤、緑、青の3原色を含む)の場合、式はグレースケール=(赤+緑+青/ 3)です。ただし、この方法では異なる色の波長が考慮されないため、変換された画像は本来よりも暗く表示されます。
もう1つのオプションは、光度または加重法です。
測色 。その目標は、波長を計算することにより、各色が画像にどの程度寄与するかを測定することです(赤は3色すべての波長が多い)。この方法は、人間の知覚も考慮しているため、より良い結果が得られます。研究によると、人間の目は色を異なって認識します。たとえば、緑は赤よりも目に優しいです。
他の多くのアルゴリズム(明度法、彩度低下など)が存在し、それぞれが特定のタイプの画像に適合しています。